トップ 概要 活 動 会 報 歴 史 寄 稿 各OB会 会 則 その他
トップ 概要 活動 会報 歴史 寄稿 各OB会 会則 その他

▼  概 要

会長挨拶

 2016年6月の定期総会で皆様のご承認をいただき立教中学校・高等学校同窓会の会長に就任いたしました小林芳夫です。初代の亀岡さん、2代目の鵜川さん、そして新しい制度になりましてからの初代永井さん、2代目中島さんの後の役割を担う事となりました。
同窓会の活動は多くの会員の皆様のご協力と、両校の校長先生はじめ教職員の方々の御支援をいただき、おおいに活性化してきたのではないかと思っています。まずは、財政基盤が確立し、総会の毎年開催も可能になりました。またシンボルマークやロゴタイプ、総会機材の製作、高校卒業生への記念品贈呈、同窓会旗なども備えられ、充実してまいりました。
2011年には節目の同窓会設立60周年記念式典が350名の出席を得て盛大に催されました。旧制中学校の方々、新制中学校・高等学校又、池袋中高・新座中高の卒業生といくつかのグループに分かれますが「同じ学校で学んだ」という意識のもと集う事が出来ました。我々同窓生は皆、立教の基本理念・建学精神・キリスト教教育それに学校の歴史を共有しています。同窓会は先生方や一緒に学んだ友達・部活動を共にした仲間や先輩・後輩など、卒業年度の垣根を越えた多くの会員との交流を深める唯一の場であります。
2万5千名を超える卒業生の気持ちを、母校や同窓会に向けていただける様に新執行部、力をあわせて更に魅力ある同窓会創りに取り組んでまいります。
今後共、皆様の引き続きのご支援ご理解を重ねてお願い申し上げます。

立教中学校・高等学校同窓会
会長 小林芳夫