トップ 概要 活 動 会 報 歴 史 寄 稿 各OB会 会 則 その他
トップ 概要 活動 会報 歴史 寄稿 各OB会 会則 その他

▼  立教中高の歴史

▼  立教中高の歴史

このページは、まだ随筆途中です。また、年月日は実際と違う可能性があります。

創立者
立教学校
学政改革
立教中学校(旧)
立教学院

創立者
ウィリアムズ主教
立教学校
1874年(明治7)〜
学政改革
1887年(明治20)〜
立教中学校(旧)
1891年(明治24)〜
立教学院
1899年(明治32)〜
 
このページは、まだ随筆途中です。
今後、原稿を追加していきます。
 
また、複数の資料を参照しておりますが、資料によって年月日などの表記に矛盾のある箇所があります。
年月日など、実際と違う可能性がある事を予めご了承ください。

学政改革
立教の第二次学政改革

立教大学校立教大学校となった頃から、日本の教育制度が整備されだしました。初等、中等、高等教育に分かれ、それぞれに上級学校へ進学するための資格が関わるようになったのです。立教大学校の構想がこれに合わなくなり、また、国粋主義が広がりだした事によるによるキリスト教への圧力も加わり、徐々に生徒数が減っていきました。1887(明治20)年3月、大阪英和学舎は生徒数の減少から存続が難しくなり、立教大学校へ合併されました。
生徒数は1886(明治19)年の91名をピークに減り始め、1890(明治23)年には26名になりました。
あまりに外国的過ぎた運営だったため、立教大学校や三一神学校の学生から改革運動がおこり、ウィリアムズ主教とガーディナー校長はこれを受け入れました。
1890(明治23)年10月、立教大学校は名称を「立教学校」に戻し、カレッジ構想を断念し、日本の教育制度に合わせ、尋常中学3年と高等中学2年に相当する5年制とし、英語、英文学、世界史以外の科目は日本人教師が担当することになりました。これが立教の第二次学政改革です。
※イラストは立教大学校(のちに立教学校)

日本聖公会設立とウィリアムズ主教退任

1987年日本聖公会発足日本で伝道活動をしている聖公会の組織は、アメリカ聖公会の他に、イギリスから来た2つの聖公会がありました。1887(明治20)年2月11日、大阪川口の三一神学校において、3つの聖公会が集まりウィリアムズ主教を議長に創立総会を開き、日本聖公会が設立しました。
2年後の1889(明治22)年4月、第2回総会もウィリアムズ主教を議長として今度は立教大学校で開かれました。これを機に、60歳になるウィリアムズ主教は引退を決め、これからは一介の宣教師として過ごすべく、アメリカ聖公会に主教職辞任を申し出、10月18日承認されました。同時に、立教関係と三一神学校も退任することになりました。
この年、大日本帝国憲法が公布され、翌年には教育勅語がだされ、立教にとって大きな転換期にさしかかりました。
※写真は日本聖公会、創立総会の記念写真